BLOG

革卸・皮革販売の株式会社ミヤツグ  >  ブログ  >  本日は革日和♪の木型を使ったラウンドファスナーコインケースワークショップに参加してきました。

本日は革日和♪の木型を使ったラウンドファスナーコインケースワークショップに参加してきました。

いつもご利用をありがとうございます。
大阪は大国町、革販売・レザークラフトのミヤツグです。

本日は革日和♪秋 in 大国町が終了致しました。
今回もものすごい人でしたね!雨も降らずに、晴れ男っぷりが発揮できました。

次回開催は、2017年春の予定ですので、開催日が決まりましたら、
このブログやFacebookやメールマガジンにて、ご案内させて頂きます。

そんなこんなで、9/30(金)15:30からレザークラフトフェニックス3Fで
開催されておりました「木型を使ったラウンドファスナーコインケースワークショップ」に
参加して参りましたので、レポートです。

【木型仕様のラウンドファスナーコインケースワークショップ】
http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/2325

original

nijigamitool謹製の木型を使いしっかりとファスナーを張り込み手縫いで作ります。

ファスナー木型の使い方やラウンドファスナーの型紙の考え方なども簡単にお伝えします。

参加条件として「今まで手縫いをしたことがある」「自分で糸処理ができる」「自分で針糸蜜蝋、
糸切りバサミを持って来てもらう」が条件となります。
他のワークショップで手縫い経験がある、というレベルで構いません。

dscn0221

という事で私も参加してみました!

dscn0222

使い込まれたらこうなるのですね!革って素晴らしい!

kigata_ws_03

ラウンドファスナーは、どういう構造になっているのでしょうか。
しっかりプロの作り方が学べます。

kigata_ws_04

内側はマチ付きポケットが付きます。よく考えられた作りをしております。

dscn0229

作り方も丁寧にわかりやすく、さまざまな革情報など、革いい話も聞けました。

kigata_ws_07

ラウンドファスナーを張り込む時に、nijigamitool謹製の木型を使います。これが凄い働きをするのです。

kigata_ws_08

きれーいに張り込む事が出来ました!あとは縫うだけです!
この日時間がたりず、縫い糸と、針を持参していたので、残りは家でやりました。

ものすごく勉強になりました!まさにプロの技を勉強できました!
まだ参加されてない方で、ご興味ある方は是非!参加してみてください!

講師の村木ルイさんが、ワークショップ終盤で、ブルの革談義をしてくれました。
牛界のエリート、まさに牛の中の牛・ブル(種牛、去勢していない雄牛)の玉袋の話を、
真剣にしてくれますので、みなさん一言一句聞き漏らさずメモしましょう。
とってもためになります。

【nijigamitool】
http://www.nijigami.com/

【木型仕様のラウンドファスナーコインケースワークショップ】
http://www.kokuchpro.com/event/c184709b754932542d2b5ebec7332dd4/

BLOGカテゴリー

ミヤツグオンラインショップ レザークラフトにピッタリの革を豊富にお取り扱い
ページトップへ